新型コロナ(武漢ウイルス)COVID-19収束までの記録

クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスで厚労省職員が新型コロナに感染

2020年2月17日 13:08

クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスで事務作業に当たっていた厚労省職員が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

感染した厚労省職員は50代男性、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの検疫に関連する事務作業や厚労省への連絡作業を行っており、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの乗員・乗客の患者らとは2m以上離れ、接触はなかったことがわかっている。

厚労省職員は2月14日金曜日に症状が発熱などの出始め、16日に感染を確認。17日未明に入院し治療中。

クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの乗員・乗客の患者らとは接触がないため、人から人への感染であるかは不明。患者の手にした書類などに付着した新型コロナウイルスや、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスに入って作業している職員で既に感染している人からの人人感染も考えられる。

詳細は不明だが、非常に感染力が強いことが伺える。

クルーズ船のコロナウイルス