新型コロナ(武漢ウイルス)COVID-19収束までの記録

クルーズ船から帰国した3人のアメリカ人、チャーター機で発熱

2020年2月18日 13:22

横浜に停泊しているダイヤモンド・プリンセスの乗客のアメリカ人がチャーター便で帰国した。帰国前に検査結果が判明し14人が新型コロナウイルスの陽性反応が出たが、機内で隔離してアメリカへ到着したが、新たに体調不良を訴える3名が発生。

この3名はフライト中に発熱し、機内で隔離された。

乗客は338名。機内の座席数は限りがあり、300名以上を隔離して運搬するのは困難なため、不完全な状態で「隔離」としている可能性が高く、ほかの乗客へ感染している可能性も十分考えられ、チャーター便で10時間前後のフライトであれば日常生活では考えられないほど長時間の濃厚接触となる。

今回発熱した3名はアメリカの空港へ到着後医療機関へ搬送された。現在この3名のコロナウイルスの感染は不明。

日本から離陸する前に14名の感染が確認されたが、4名はカリフォルニアの病院へ、残り10名はネブラスカ州のネブラスカ大学医療センターへ搬送された。

感染が確認されていない乗客は14日間米軍施設で隔離される。

クルーズ船のコロナウイルス