新型コロナ(武漢ウイルス)COVID-19収束までの記録

九州福岡市で初の新型コロナウイルス感染者、60代男性

2020年2月20日 13:19

九州で初の新型コロナウイルス感染者が確認された。福岡市の60代男性で、容態は安定しており自分で食事ができる状態のため重症化はしていないという。

この男性は中国への渡航歴はなく、また中国人との濃厚接触の心当たりもなく、さらに国内旅行もしていないという。このことから福岡市内で新型コロナウイルスの感染者がおり、そこから感染したことが予想される。

2月13日に37.5度の微熱が出て病院を受診、自宅療養を始めたが発熱が続き、19日に再度病院へ行きX線検査で肺炎が確認された。感染症指定医療機関で20日に新型コロナウイルスに感染していることが確認された。発熱から1週間後のことだった。

この自宅療養中は基本的に自宅にいて外出は控えていたと言うが、買い物などで外出したかどうかを福岡市が確認している。

男性は無職で妻、子供2人の4人家族で生活している。同居する家族には特に症状は出ていないという。

日本の新型コロナウイルス感染状況