新型コロナ(武漢ウイルス)COVID-19収束までの記録

仙台市で初の新型コロナウイルス感染者を確認

2020年2月29日 09:17

仙台市で初の新型コロナウイルス感染者が確認された。東北地方での新型コロナウイルス感染者自体も今回が初めての例となる。

仙台市役所では4100人の職員が新型コロナウイルス感染防止の為、2月28日から時差通勤をスタートしたばかり。時差通勤は3月31日までの予定。

また仙台市教委は市立小中高校と仙台青陵中等教育学校を、3月24日まで臨時休校とすることを決定した。春休み直前まで臨時休校にし、その後春休みが開始される。

全国で新型コロナウイルス感染者が出ているわけではないため全国一律で休校にする必要はないと舛添要一氏がTBSなどで発言していたが、仙台市の感染者確認により、現実は全国に新型コロナウイルス感染者がいることはほぼ確実視して良いと考えられるため、全国一律の休校措置は間違いではなく妥当であると容易に考えられ、舛添要一氏の考え自体が危機感のなさを露呈してしまった形だ。

今回の仙台市の感染者確認により、検査希望者が増えることで今後仙台市だけでなく東北地方全域で新型コロナウイルス感染者の報告が一気に増えると考えられる。

日本の新型コロナウイルス感染状況