新型コロナ(武漢ウイルス)COVID-19収束までの記録

アメリカの新型コロナウイルス感染者が500人を突破

2020年3月 9日 13:14

アメリカではニューヨーク州やカリフォルニア州で新型コロナウイルスの感染が広がっていることが確認され非常事態宣言が出されるなど話題が大きくなっている中、首都であるワシントンDCでも感染者が確認され、19人が死亡したことも確認された。

アメリカは春節の時期日本と同じように入国拒否はしておらず多くの中国人がアメリカ国内に入国していることがわかっている。

アメリカでは保険のない人は医療を頼ることができないことで感染者の発覚が世界的に最も遅れている国のひとつである。そのため、感染者の実態は不明であり、100人以上の感染が確認されたもののこの100倍以上は感染者がいてもおかしくない状況といえる。現状は1000倍いても不思議ではない。

というのも、感染者を確認する海外渡航歴のない感染源が不明の感染者が多く、すでに多くの地域で市中感染が広がっていると考えられるからだ。

アメリカなど欧米ではスキンシップが日頃から浸透し、新型コロナウイルスの感染確率は高くなるものと考えられる。また、市内の隔離などがこれまでまったく進んでいないことも危機感のなさが露呈した状況だ。

今後アメリカの新型コロナウイルス感染者が1万人を超える可能性は現実味のある話であると言える。

アメリカの新型コロナウイルス感染状況