新型コロナ(武漢ウイルス)COVID-19収束までの記録

フィリピン、台湾からの入国禁止措置を解除

2020年2月17日 17:41

2月10日に発表した台湾からの入国禁止を、2月14日に解除したとフィリピン政府が発表。

サルバドール・パネロ大統領報道官によると、台湾は厳格な新型コロナウイルスの感染拡大防止策を講じているためだとか。

これまでフィリピンでは台湾から到着した飛行機のフィリピン人とフィリピンに永住権を持つ外国人以外は強制的に帰国させていた。今回これが解除された形だ。

台湾からの入国拒否を続けていた場合、フィリピンは1ヶ月半で450万ドルの損失が出ると試算されていた。観光割合で言えば台湾からの観光客数は全体の5位。損失と現状の衛生管理を天秤にかけた結果と考えられる。

今後は未だ入国禁止措置がとられているマカオも適切な対応がとられていれば解除を検討しているとのこと。

世界のコロナウイルス感染状況